ペットマナーを忘れずに! 知らないところでマナー違反はないですか?
動物病院の待合室では、通常はペットのゲージは足元に置くと思います。ほとんどの方がそうされています。しかし、椅子が一杯で立っている人もいるというのに、知らん顔をして腰かけている自分の横に置いてあるゲージを下ろそうともしません。病院のスタッフの方がそれとなく注意をしたのでやっと降ろしていました。

もうちょっと人のことを考えてくれたらと思うのですが、動物病院には当然のことながら、色々なペットが来ます。小さい犬がキャンキャン吠えているくらいならいいのですが、時には大型犬も待合室で待っていることがあります。フィラリアの時期など特にそうです。「座れ」の命令が聞いて座っていられる大型犬ならまだ安心していられるのですが、なかに飼い主の言うことなど聞かない犬もいます。他に小さな犬などを連れて順番を待っている人は、ペット共々怯えながら待っています。それぞれが自分の子を一生懸命になだめています。病院へ連れて行くだけでも犬や猫にとってはストレスです。

特に不快だったのが、その大型犬の飼い主が、他の患者さんがその大型犬を恐れているのを面白がっているような雰囲気が感じられたからです。

他の患者さんが怯えるような大型犬の場合は、順番だけとって別の場所で待つような配慮を動物病院側でしてくれれば助かるのにと思います。チワワを飼っている友達に聞いたら、彼女が行っている動物病院では、大型犬の場合はほとんど他の場所で待っていると聞きました。それが、病院に配慮によるものなのか、飼い主さんが気を利かせたのかは、彼女にもわからないとのことでした。