ペットマナーを忘れずに! 知らないところでマナー違反はないですか?
犬・猫の豆知識
猫の基本的な情報
犬と猫のどちらが飼いやすいかといえば、猫の方だと思います。犬は散歩が必要ですし、狂犬病の予防接種も必要です。なので猫の方が飼いやすいのですが、どちらがバカでりこうかといえば犬の方に軍配が上がるようです。犬は1度餌をもらえばその恩を一生忘れないけれど、猫は3日で忘れるといいます。

犬と違って猫に「お座り!」とか芸を教えるのは難しいですが、やはり人間と暮らすからには、しつけも大切です。しつけに自信のない人は、躾の行き届いた、少し成長して落ち着いた里子を貰うとか、ペットショップやブリーダーで子犬子猫を探す場合はウサギのように大人しくて臆病な健康な子を探すことがお勧めです。

猫は、自分の体を舐めて毛づくろいをしますし、食事の後は、口の周りを舐めて綺麗にします。排泄の後もお尻の周りを舐めて綺麗にしています。体を綺麗にしておくことは、ノミから自分の身を守る健康法です。他の動物にしても、それぞれの生活環境にあった各々の方法で身体の清潔を保っています。基本的に短毛種の猫は、自分で毛づくろいをするだけで十分ですが、長毛種には定期的なシャンプーが必要になってきます。猫は濡れる事を嫌いますから、長毛種は子猫の時からシャンプーに慣らしておきましょう。

保健所では処分を待っている犬や猫がたくさんいます。その犬や猫たちのなかには、トイレの躾が出来ている子や無駄吠えのない子もたくさんいるそうです。ある程度大きくなっていると性格もわかります。猫を期待と思ったとき、そういう子を探すことも考えてみてはどうでしょうか?