ペットマナーを忘れずに! 知らないところでマナー違反はないですか?
犬・猫の豆知識
人気犬種の飼い方・育て方
大事なペットの犬も、その犬に合ったお世話をしなければなりません。犬の大きさによっても飼い方が違ってきますし、それぞれの犬の種類によって飼い方や育て方が違ってきます。

時代と共に人気が変わってくる犬ですが、ひところはスピッツがとても流行りました。可愛らしい顔に白い毛、お嬢様が抱っこをする姿は絵になりました。ところが、スピッツはとにかく良く鳴きます。そして人懐こくて、お客様が玄関に来ようものなら飼い主よりも先に飛んで行ってキャンキャンと吠えまくります。あまりの煩さに声が出ないように声帯の手術をさせられた犬もたくさんいましたが、しかしそれには批判が殺到してスピッツがあまり飼われなくなりました。

今現在人気のある犬種は、1位・ダックスフンド、2・位チワワ、3位・プードルだそうですが、それぞれに合った飼い方をしなければなりません。

現在、人気ダントツのダックスフンドのそのほとんどがミニチュアダックスフンで飼われています。その体系の可愛らしさと、かつては狩猟犬だったというと丈夫さも人気の理由です。ミニチュアダックスフンドをしつけるポイントは、ペットに誰がリーダーかをわからせる事です。

犬の習性には、群れのリーダーには絶対服従というのがあります。これをわからせることで飼い主の言うことを聞き、しつけがしやすくなります。変にご機嫌をうかがったり甘やかすと、自分がリーダーと勘違いをして飼い主の言うことを聞かなくなります。

ミニチュアダックスフンドのしつけの基礎は、生後2~3ヶ月が大事で、仔犬の体を触りどこを触られても嫌がらないようにしておくとか、知らない人間に攻撃的になるのを避けるため、知らない人に抱っこをしてもらうなどがあります。そして、外の環境に慣れさせるために屋外に連れて行く必要がありますが、予防接種が済むまでは地面に降ろすことはやめましょう。

ミニチュアダックスフンドは人間の顔や身振り手振りもちゃんと理解できます。叱るときは毅然として叱るのがポイントです。