ペットマナーを忘れずに! 知らないところでマナー違反はないですか?
来院時の困った飼い主さん
変わったペットの注意点
一般的な猫や犬をペットにしている人もいます。大きなペットが逃げ出して大騒ぎになったり、飼い主が飼いきれなくなって捨てられたワニもいました。最近のペットショップには、珍しいペットの種類も増えているそうです。

犬や猫専門の動物病院へ、いきなり変わったペットを連れてこられても、先生も困るかもしれません。ミニブタや、蛇他、変わったペットを飼っている人もたくさんいますが、動物病院に連れて行くときは、必ず電話を入れてから行ってください。獣医さんが、全ての動物を診れるわけではありません。その種類によっては診察が不可能な場合もありますし、一般的な犬や猫がいない時間に来院してもらいたいかもしれません。

動物病院へ連れて行くときは、ケージに入れていくのはもちろんですが、他の患者さんが見てびっくりしないように、目隠しの布なども持って行った方がいいですね。

爬虫類など、どこの動物病院へ行けばいいのかわからない場合は、ペットショップで聞けば教えてくれるでしょう。それと、珍しいペットを飼う場合は、病気になったときはどこの病院へ行けばいいのかとか、周囲の環境も、調べたうえで飼うことをお勧めします。

昔、烏骨鶏の卵が高かったことがあります。たしか1個100円でした。そんなとき烏骨鶏をあげると言われて喜んで貰って来てのですが、早朝、それも、薄明るくなるとすぐにけたたましい声で鳴くのです。あまりの鳴き声の煩さに、近所迷惑になるので、大慌てで人にあげました。私にくれた人も、うるさいためにくれたのでした。それを先に言ってくれればいいのにと恨みました。

珍しいペットを飼うのは自由ですが、せめて人の迷惑にならないペットを、迷惑にならない飼い方で飼いましょう。